2017年 9月

古いdocomoスマホをお使いの方はご注意ください。

T01C

docomoのスマートフォンのうち、Android OS Ver4.2以前の機種(大凡3,4年位前の機種)において、GPSによる測位が出来なくなり、精度が下がる場合がある、と言うアナウンスがされました。

GPS(グローバル・ポジショニング・システム)は全世界規模で運用出来る、自分自身の位置を測地出来る仕組み(他者の現在位置を知るためのものではありません)ですが、本来この仕組みはアメリカ軍の兵隊が自身の現在位置を知るために開発されたものです。

 

しかし1983年の大韓航空機撃墜事件(1983年9月1日に大韓航空のボーイング747が、ソ連の領空を侵犯 したために、ソ連防空軍の戦闘機により撃墜された事件)を契機に、民間航空機の安全航行のために開放され、以後は一般にも普及し今に至っています。

さてこのGPSですが測地をする為には約30機あるGPS衛星のうち3つ以上とのコンタクトが必要になり、その距離や方角、時間等を計算して測地をしていますが、この計算に関わる関数としてSHA-1と言う物があります。

実はこのSHA-1と言う関数には10年以上前から欠陥がある事が指摘されており、アメリカ政府系システムでも2013年には完全にその使用を廃止し、欠陥を修正した新しい関数SHA-2に移行しています。

今回docomoもSHA-2に移行する事になり、これに伴い、SHA-2に対応していないOSでのGPS機能は正確さに欠く挙動をする様になってしまったり、GPSに連動するアプリの使用が出来なくなる、と言う事なのです。

現時点で公表されている対象機種は以下の通りです。

    スマートフォン:F-12C、F-03D、F-07D、F-09D、F-11D
    L-04C、L-01D、L-06D、N-04C、N-06C、N-01D、N-04D
    P-01D、SC-01B、SC-02B、SC-03D、SC-05D、SH-02D
    SH-07D、T-01A、T-01B、T-01C
    タブレット:L-06C、N-06D、SC-01E
    らくらくスマートホン:F-12D
    これらの機種をお使いの方は新しい機種への買い替えをこの機会に検討されるとよいでしょう。

毎年この時期恒例です。

image

Appleは毎年9月にスペシャルイベントを行っていますが、今年は9月12日(日本時間では9月13日午前2時)からカリフォルニアのApple新社屋に建設されたSteve Jobs Theater(ステーィブジョブズ シアター)で行われました。Steve Jobs Theaterは今回初めて一般公開された、いわゆる「こけら落とし」でした。

さてこのスペシャルイベントでは秋からクリスマスシーズンにかけてAppleが販売する新商品や新サービスが発表されるのですが、今回は主に4つの新商品が発表されました。

大画面テレビに接続してネット上の映像コンテンツを楽しむAppleTVの第5世代モデル、LTE通信機能を持ち、単独でも電話やネット接続が可能になった第3世代のApple Watchも登場しましたが、やはり注目は新型スマートフォンのiPhone8、iPhone8Plusと、iPhone登場から10周年を記念した特別モデルiPhone X(テン)です。

image

iPhone8,8Plusは従来のiPhone7、7Plusを踏襲した正統な進化モデル、と言う所です。各所を強化し7/7Plusよりも丈夫さ、バッテリーの長持ち、処理能力の向上がアピールされています。新機能としてはワイヤレス充電(qiと言う国際標準規格に準拠)に対応した点です。これまでの様に充電コードを繋ぐ必要がなく、専用の充電パッドの上に置く事で自動的に充電される様になります。

気になるのは本体カラーのバリエーションがスペースグレイ、シルバー、ゴールドの3色になった点(7/7Plusではこの他にジェットブラック、ローズゴールドがありました)、ストレージ容量が64GBと256GBの2種類になった点です。バリエーションが減ったのは選択肢が減るという側面もありますが、一方で多様過ぎると生産性が堕ちたり、ユーザー側も選ぶのに苦慮する、と言う側面もあるので、ある程度絞るのは止むないかと思いますが、ローズゴールドやジェットブラックがお好みの方は最新モデルが選べないってのは痛し痒しですね。

因みに予約開始は9月15日から、販売は9月22日から、価格はiPhone8が78800円から、iPhone8Plusが89800円から、となります。

image

一方、iPhone登場10周年の記念モデルとなるiPhoneXはこれまでのスタイルから大胆な刷新をされた新世代モデルになりました。

一見してわかる通り、本体の表面はほとんど画面になってしまった、昨今のスマホデザインのトレンドである「狭額縁(ベゼルレスデザイン)」になり、画面上部の黒い部分に受話スピーカー、カメラやセンサーが集中して配置される様になりました。

従来モデルにあった前面のホームボタンが無くなってしまい、TouchIDと言う指紋認証センサーもこのモデルではなくなってしまいましたが、新しくフロントカメラによる顔認証システム「Face ID」が採用されました。

顔認証はカメラに顔を向ければ自動で本人認証を行う仕組みですが、従来のものでは顔写真でも認証出来てしまったり、双子でも認証出来てしまった、メガネや髭が付属すると認証出来なくなる、という様な問題点も含んでいましたが、FaceIDではこうした点を考慮し、本人の顔を立体的に認識する方式を取っています。これにより平面図である写真では認証を取る事は出来ず、一方で帽子、メガネ、髭、マスクなどで顔が覆われる部分が出来ても正確な認証が出来る、と言う点をアピールしています。勿論8/8PLusにある無線充電機能にも対応しています。

カラーバリエーションはシルバー、スペースグレイの2色、ストレージ容量は64GB/256GBの2種類になります。予約開始は10月27日から、販売開始は11月3日からとなり、本体価格は112800円から、となっています。特別モデルだけにちょっとお高いですね。

注意したいのはiPhoneの登場に合わせて、携帯電話各社がiPhoneを購入しやすい様に料金プランや割引プランを用意して来るだろう事が予想される事です。

昨年はiPhone販売開始に合わせる様に、毎月の通信量を20GB/30GB使える割引サービスを開始しています。今年で言えば、auがこの夏に打ち出したピタットプランは実はこれまでiPhoneには対応しない、となっていましたが、これをiPhone8発表に合わせて適応可能にする可能性もあります。となると、iPhoneの利用料金が月々3000円程度で運用出来る可能性も出てきます(本体分割購入価格は別途)。

また、新型が投入されると、従来機は価格改定で多少安く買える様になるのが通例ですが、今回は2年前のiPhone6S/6S Plusまでが価格改定&継続販売になっています。継続販売機種は概ね1万円程安くなっていますから、安価にiPhoneを持ちたい人には狙い目かも知れません。

 

 

Windows10ユーザーはあと1ヶ月お待ちください。

Dell デバイスを使用して、デジタル ベンで構造物をデザインする 2 人の女性

今年の春にMicrosoftは「Windows10の大型アップデートは今後春と秋の年2回行う」と発表しました。そうです、秋の大型アップデートが近づいて来たのです。

9月1日、Microsoftは秋のWindows10アップデート「Windows 10 Fall Creators Update」を10月17日にワールドワイドで提供開始する、と発表しました。9月1日、Microsoftは秋のWindows10アップデート「Windows 10 Fall Creators Update」を10月17日にワールドワイドで提供開始する、と発表しました。この時間はアメリカ時間と思われますので、日本では18日からと見るのがよいでしょう。

さて、Windows 10 Fall Creators Updateではこれまで蓄積されてきた不具合の修正や新しい機能の追加が期待されていますが、中でも大きなものは「Windows Mixed Reality(ウィンドウズ ミックス リアリティ)」と言う技術でしょう。

Windows Mixed Reality

MR(ミックス リアリティ)とは『複合現実』と訳され、CGなどで作られた人工的な仮想世界に現実世界の情報を取り込み、現実世界と仮想世界を融合させた世界をつくる技術で、言ってみれば「仮想現実(VR)」と「拡張現実(AR)」を抱合する概念とも言えます。

実際には写真の様な専用ゴーグルを装着し、手には専用のコントローラーを携えることになります。このコントローラーを操作する事でゴーグルに映し出した映像を直接操作する事が可能になるのです。

これまでこうしたゴーグルを装着するものとなると、VR用/AR用共に専用ゴーグルや専用のアプリが必要でしたが、Windows Mixed Realityではその規格に応じたMRゴーグルがAcer、ASUS、Dell、HP、Lenovo等のPCメーカー各社から299ドル程度の価格で販売される、となっています。

Windows標準装備ですから、これからはPCの操作にもこうしたゴーグルを使ったMRでのメニュー表示も増えてくるかもしれません。

 

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930